USB接続のディスプレイアダプタをOS X 10.9 Mavericks で使う


Macbookに外部ディスプレイをつなげて複数モニタを使いたい場合、Apple純正のディスプレイアダプタをつかうことがあります。

しかし Macbook AirなどはアダプタをつなげるThunderbolt(または Mini display)ポートが1つしかないので、複数枚の外部ディスプレイをつかうことが出来ません。(Macbook Proは2つありますが、それでも3つ以上のディスプレイはムリ)

より多くの外部ディスプレイを使うには、空いているUSBポートが活用できればよさそうです。

探してみたところ、USB接続アダプタはApple純正には無いようですが、IO-DATA製USB-RGB/D2 があります。

http://www.iodata.jp/product/av/ga/usb-rgbd2/

上記ページによると”Mac OS X 10.4~10.6″ に対応とありますので、10.9 のMarvericks は対応外です。

しかし、Display Link社のチップを使っているようなので、同社サイトから入手できるドライバで Marvericks でも使えました。

http://www.displaylink.com/support/mac_downloads.php

ただし、確認した11/8 時点(OS X 10.9 (13A603))では幾つか制限事項があるようです。

http://www.displaylink.com/support/ticket.php?id=354

手元では以下を確認しました。

  • Safari はブリンク(ちらつき)がはげしい
  • ウィンドウがディスプレイをまたぐ表示はできない (例:USB-RGB/D2 のディスプレイとThunderboldのディスプレイにまたがるウィンド表示は不可)

私の使い方では上記は気にならない範囲でしたので、そのままで使っています。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *